釣りの技法の一つでエビ撒き釣りというのがあります。

 日本各地で行われている釣りと思いますが、大阪周辺では琵琶湖が原産の「湖産エビ」と呼ばれるシラサエビが大量に安価で入手できるので、地域色豊かな独自釣方として発展しています。

 簡単にできる釣りですが、やってみるとけっこう奥が深い釣りでした。

 私は秋から春にかけての寒い時期はエビ撒き釣りを長い間やってきています。
 この釣りを行うことで、1回の釣行につき1匹以上の本命のターゲット(チヌ、セイゴ、ハネ等)が釣れた実績が非常に高いものとなるようになりました。

 エビ撒き釣りを始めた時からこんなに成果が良かったわけではありません。
 最初は釣れなくて釣れなくて、隣のオジサン、向こうのお兄さんが釣れているのに私だけ坊主という時期が長く続き、実に3年にも及びました。

  
 各釣り場での釣れるポイントを把握したことが大きいのですが、加えて釣り方のある程の度要領とコツを掴んだのだと思っています。

 このコーナーではエビ撒き釣りの釣り方を記述していきます。
 どこが「秘伝」なんだ?と言われそうですが、そのうちにおいおいと文中に出てきます。
 
 ここに記述されている事柄は、私個人のオリジナルで、読者の釣り場環境などには適合しないかもしれません。
 釣りに際しての参考程度の読み物として読んできたいただければありがたいです


 2011年5月
 

 *このページは旧エビ撒き釣り秘伝というタイトルです。




アクセス解析


 
目次

 TOP

 エビ撒き釣りとは

 タックル1

 タックル2

 釣り場

 仕掛け

 魚の習性

 魚の好む場所
 
 ポイント
 
 撒き餌の量
 
 撒き餌の撒き方

  釣り方

 季節ごとの釣り場

 別記:エビ撒きタックル

 別記:エビクーラー
 
 

前ページに戻る

【買取専門店】釣具高く売れるドットコム
せっかく売るなら【高く売れるドットコム】