貝塚港 2006年7月記載

 大阪湾岸線貝塚出口を降りてすぐの信号を右折して港湾倉庫街へと入っていくと貝塚港へと出ます。
 貝塚港の北側は建材用の砂や砂利の荷揚げ専用の波止になっており、危険なため一般車両は立ち入り禁止となっています。
 実際にダンプや大型ショベルカーの往来が激しく、日曜祝日でないと入っていく気がしません。
 この波止の岸和田側に小さな港があるのですが、一度だけ竿を出したことがあります。
 水深2ヒロほどしかないほど浅く、釣り人も殆どおらず、情報も無いため全くデータがありません。
 機会があればまた探ってみたいと思います。


 このページでは貝塚港の南側波止の紹介です。
 注:この場所は「国際船舶・港湾保安法」により立ち入り禁止区域になっています。 
   時々、監視員さんや警察の巡回が行われています。 お気を付けください。


赤灯波止
 倉庫街を突き当たりまで車を走らせると1本の堤防が見えてきます。
 長さは約7〜800mほどでしょうか。
 湾内側は海面より4mぐらいで、外海側は+1.5mぐらいの防波堤になっています。
 湾内の水深は大型船舶が泊まれるだけあって7〜8ヒロぐらいあるでしょうか。
 海底は砂地になっているようです。

 赤灯波止以外の外海側は全てテトラが入れられており、対岸には貝塚人工島の新貝塚港が見えます。
 外海側の水深は比較的浅く、2ヒロぐらいから始まり、沖にいくに従って徐々に深くなっています。
 貝塚人工との水道は潮通しが良く潮の流れが少し速いと言うこともあって、、魚種も魚影も豊富です。


赤灯先端付近
 波止の付け根の船着きでは車が横付けできると言うこともあって家族連れのサビキ釣りや投げ釣りの方が多いです。
 赤灯波止は夏場は落とし込みをされる方をよく見かけます。

 この赤灯波止の沖向きの壁が風よけになるので、冬場は西風で外海が釣りにならないときはここで釣りをしにきたりしています。(堤防が北方向に伸びているので真北の風には横から風を食らって少々釣りにくいです。)

先端付近より陸地側を撮影

 対岸には白灯波止が見えます。
 この波止は長さが100mほどしかありません。
 右の写真の砂山の切れているところに車を停めて、波止に達するまで砂山の横に付いた踏み跡を辿っていきます。
 時折竿を出している人を見かけます。



 港湾地区ですので、船舶が停泊しているときや、荷役作業をしているときは障害にならないよう駐車には気を配ってください。
 基本的には立ち入り禁止地区ですので、港湾や市の係員に立ち退くように言われたときは指示に従ってください。


写真をクリックすると大きな写真が見れます。
ブラウザの「戻る」で戻ってください。

戻る