大引周辺


白崎
 大引はとてもきれいな白崎海岸で有名です。
 白崎は大引漁港の北側に位置し、白い大理石でできていて内側は石切場となっていましたが、現在では公園となってキャンプ施設などもあります。
 私が各地の地磯を探し歩いていたことはまだ公園になっておらず、入り口フェンスの隙間から中へ入ったものでした。
 ところが、ここは岩盤が滑りやすく海側は切り立った崖になっています。
 一度上がったはいいが怖くて海側へ降りられず、仕方なしに北側の船着きから竿を出したのを覚えています。
 降りていった人を見るとロープを持っており、かなりの軽装でした。

 白崎の北側は水深が浅く、冬場だったのでちっとも釣れませんでした。
 *現在は釣り禁止です。

 大引に初めて訪れた人は「立巖」の異様な大きさに驚かされると思います。
 白くそびえる巨岩は自然の荒々しさの象徴のようにそびえ立っています。
 この岩の真ん中に穴がぽっかりと開いていて、こんな大きな岩にどうやって穴が開いたのかと見とれてしまいます。

立巖(たてご)


右がスズキ、奥が大倉
 白崎の沖に幾つかの磯が広がっています。
 大倉・ビシャゴ・スズキなどの小さな磯群がありますが、いずれも魚影が濃くとてもいい磯です。
 この磯群も大理石で出来ているのか滑りやすい印象があります。
 ブーツはスパイクよりフェルトの方がいいかな?


アシカ
(左が親、右が子)
 大引を代表する磯と言えば沖に浮かぶ灯台のある「アシカ」。
 一度も上がったことはありませんが、潮通しが良く魚種も豊富らしいです。(エサ取りもね)

右から灯台のあるのがアシカ、
オオクラ、スズキバエ、ビシャゴ


ヒジキ島
 大引漁港の南側沖に見えるのが「ヒジキ島」。
 釣り座は東西と南側に集中しています。
 北風の強い日などこの島の南側は風裏となり釣りやすいのですが、潮の流れが当て潮になった時は潮が変わるまで釣りにならないのが玉に瑕です。

 陸地寄りの下山鼻のすぐ沖にケムリ島とヒラバエがあります。
 ヒラバエは南北に細長い磯で、沖向き全部が釣り座になりますので、多くの人が上がれます。
 ここも良い釣り場だと思います。

ケムリ島


写真をクリックすると大きな写真が見れます。

戻る