湯浅周辺

 湯浅は私が磯デビューした思い出深い場所です。
 和歌山の本格的な磯はここから始まると言っても過言ではないと思います。
 大阪市内から車で1時間半で行ける釣り場で、人気も高いです。
 ただ、近いのが災いしてか、マナーの悪い釣り客を見かけることがしばしばです。(ゴミは持ち帰りましょう(▼、▼メ))


端崎と苅藻島
 湯浅港のすぐ北側にある地磯が端崎です。
 道路沿いにあるので手軽に行けるのですが、水深はそんなに深くなく、サビキの小物釣りか紀州釣りのチヌねらいが最適かと思います。
 足場がそんなによくないのでファミリーの磯遊びには向きません。

 湯浅湾の正面に浮かぶのが「苅藻島」。
 写真の右が「縦カルモ」左の島を「横カルモ」と呼んでいます。

 苅藻島の右手前には「毛無島」があり、いずれもチヌの好釣り場となっています。

中央が毛無島

 苅藻島の沖には、一のハエ、二のハエ、三のハエなどの名磯が有り、シーズンはチヌ釣りでにぎわっています。
縦カルモ「松の下」付近


鷹島
 湯浅湾の南にあるのが「鷹島」。
 大きな島でほぼ全域で釣りが出来ます。

 鷹島の沖にぽつんと浮かぶのが湯浅を代表する名礁「カンドリ」です。
 鷹島との水道向きにカンドリの上(カミ)・下(シモ)の二つの岩があり、非常に潮通しが良く、チヌだけでなく50pオーバーのグレが狙える一級磯です。

カンドリ


南からカンドリを見たところ、カンドリの向こう側に一のハエ、二のハエなどが見える

写真をクリックすると大きな写真が見れます。

戻る