小目津


小目津
 千里浜へと続く道路の大きなホテルの手前に「小目津公園」の看板と小道があります。
 この小道を入っていくと目の前に砂浜の海岸が開け、堤防の内側にはけっこうきれいな公園があります。
 この場所は駐車スペースが5台ぐらいしかないので困りものですが、夕日のきれいな場所ですのでちょっとしたファミリーの行楽に最適だと思います。
 小目津公園の西側に広い駐車場がありますので、そちらから歩いてきても良いでしょう。

南側の地磯(満潮時)


南側の地磯(干潮時)
  海岸が南西を向いており、磯が低いのでうねりのある時は波に気を付けてください。
  南側の地磯は満潮時には渡りにくくなります。。
  潮が引いても一部飛び渡りの場所がありますので注意してください。

 砂浜では投げ釣りが楽しめますし、小目津の磯場は磯は浅く、砂地底になっていますが底物やアオリイカなども釣れる魚種の豊富なところです。
 シモリが点在しているので夜の大物釣りも期待出来そうです。
 
 目津崎の先端へ行くには、殆どの方が千里浜に車をおいて山越え(と言っても標高36mの丘)していきますがかなり歩かなくてはいけません。
 磯はたいへん低く、満潮時には波で洗われるような場所で、気が付くと帰れなくなったり波が高くなって危険な思いをしたりすることがありますので、十分に注意してください。

目津崎の先端部と沖磯
灯台があるのが一の島
(以前灯台が無かったと思ったがいつの間に出来たのか?)


写真をクリックすると大きな写真が見れます。

戻る