椿

 椿は白浜に隠れてあまり知られていないのですが、歴史のある古い温泉街です。
 温泉は38度ぐらいで生ぬるく、こんなので暖まるのか?と思うのですが、それが幸いしてかゆったりとつかるために疲れがほどよく取れてくれます。
 
 背後が切り立った山でもっと南下すれば多くの良釣り場があるため素通りする人が多いのですが、実力では決してひけをとりません。
 殆どが旅館やリゾートマンションの所有地になっているため、椿の地磯は数が限られています。


イセザキ(満潮に近い時)
 椿温泉の別荘地へと続く道を通り、旅館の前(迷惑にならないように)に車を停め、旅館の横から下へ降りる階段を辿ると最初に見えるのが「イセザキ」。
 低い磯で波に弱いので波には十分注意してください。


テダカ(北)
 イセザキの南側に「テダカ」があります。
 ここは比較的高場で足場も良く6〜7人は竿が出せるでしょうか。
 テダカの南側は水深が浅くゴロタ浜が広がっているので釣りにはなりません。
 正面には離れ磯がありますが磯の北側に沖に向かって一筋に走る深い溝があります。
 その溝に沿って多くの魚がやってきます。

 南側で竿を出した時に自己記録の54pのチヌを上げたのでお気に入りの地磯です。
 そのとき私の横でカゴ釣りをしていた人が40オーバーのイサキを釣り上げたのは驚きました。

テダカ(南) 向こう側は市江

 まだまだ他に地磯がありますので順次紹介していきます。

写真をクリックすると大きな写真が見れます。

戻る