磯遊びの巻

 磯に行ってただ黙々と釣りをするだけが磯の楽しみではない。
 目的とした魚が釣れなければつまらないものに終わってしまいます。
 ここではそんな時の磯での遊び方を解説しましょう。

カワハギを釣ろう。
普段は餌取りとして迷惑がられているカワハギ,海のヘリコプターの異名をとるこの魚は餌取りの名人でフカセ釣りではなかなか針にかかってくれません。
そこでこんな仕掛けで釣ってみましょう。
 ウキを取り外した仕掛けですので,狙うポイントは自然と磯際に限られてきます。
 餌はオキアミで充分ですが,磯に付着する貝を潰し,その身を餌にしても餌持ちが良いでしょう。
 刺し餌をかすめ取るのが上手な魚ですから,アワセのタイミングが勝負です。
 なかなか針に掛からず,じれったくて病みつきになりますよ。
 良型になると引きも強いので一気に釣り上げましょう。


ルアーを使ってみよう
撒き餌に群がった小魚を追って,良型の青物が姿を現すときがあります。
小魚を追ってきたのですから,オキアミなどの撒き餌には目もくれません。
そう言うときはルアーを使用すると一発大物がHITすることも。
 磯で釣れる青物は,カツオ,ハマチ,ヒラマサ,カンパチと多種多彩です。
また、サラシの強い場所ではヒラスズキも上がります。
 磯竿では竿が長いためキャストがやりにくいですが,魚とのやりとりにはうってつけです。
 リールはレバーブレーキの物よりもドラグタイプの方がおすすめですが,レバーブレーキのテンションをうまく操作すれば,大物でも渡り合えます。

 ルアーは目の前で群れている小魚の色に合わせることが肝心です。

 「エギ」を使用してアオリイカを狙うこともできます。

磯釣り解説