磯用語集
磯に関連する用語集
自然環境編
地磯 地続きで幹線道路より徒歩で行ける範囲内の磯を指す
沖磯 渡船などの船で行く磯を指す,殆どが四方を海で囲まれた独立した物が多い。
海中の水の流れを指す。
日本近海は太平洋の黒潮の影響が大きい。
潮上 潮が流れてくる方向。
潮下 潮が流れて行く方向。
潮が大きい(高い) 大潮など干満によって水位の上下差が激しい時を指す。
満潮時に水位が高いときによく用いられる。
上り潮
下り潮
太平洋側では黒潮の流れる方向を指す。
北に流れる=上り潮
湾内では一般的に湾奥を基準として流れの方向を指す。
潮通し 潮の流れに近接する状態を指す。
潮の流れの速い場所を一般的に潮通しが良いと言う。
潮目 早さの違う潮や水温の違う潮が合流交差する場所で水の壁のような物ができている場所。
渦を巻いていたりして撒き餌が溜まりやすい場所で,多数の魚が存在しやすい。
タナ 魚が餌を捕食するために浮き上がってくる深さ。 又は,魚を捕獲するために仕掛けの位置を設定する深さ。
サラシ 打ち寄せる波のため磯際で攪拌され,泡を含み白くなっている場所。
サラシの中は酸素量が多く流れが複雑になっている。
シモリ 海中にある隆起した岩や障害物。
オーバーハング 足下が深くえぐれている場所。
良型の魚が潜んでいる事が多い。
釣り座 釣りをするときに自分が立つ位置。

タックル編
チャラン棒 磯で使われる荷掛け棒の通称。
バッカン 撒き餌などを入れる角形のビニールバケツ。
ドンゴロス 土のうなどに使われている麻袋(ビニール製とは異なる)。
冬場はドンゴロスを濡らして釣った魚を生きたまま入れておくと死なずに鮮度が保てる。
スカリ 釣った魚を入れておく網かご。 磯際の水中に沈めてロープでつないでおく。
ウキが付いたスカリはフロート付きスカリと呼ぶ。

釣り技術編
ためる 魚の強烈な引きに竿を立てて耐えること。
*ためが効く=竿の強度。 竿が細く柔らかいのにも関わらず魚の引きに対して粘りがあり強いということ。
フカセ 本来は糸と針以外は何も付けずに潮の流れに任せて流していく釣り方。
現在の磯ではウキを付けた釣り方を指す。


思いついたら加えていきます。

磯釣り解説